2020-01-10
カテゴリトップ>George Cox(ジョージコックス)>3588
正規取扱店 GEORGE COX (ジョージコックス) 3588 GIBSON D VI-SOLE ギブソン スエード シックスソール 09-BLACK/SUEDE現在、一般的にジョージ・コックス社のクリーパーズ(ラバーソール)といえば、こちらのソールがスタンダードです。その分厚いソールは、他の靴には無いインパクトと、独特な重量感があります。全体的なデザイン・バランスも絶妙です。スエードレザー仕様にすることで、光沢のあるレザーとはまた、違った印象になります。

カラー:09-BLACK/SUEDE
メイン素材:スエードレザー
アウトソール:VI-SOLE
MADE IN ENGLAND

※天然皮革の部分により、左右もしくは片足においての外側、内側で革の質感の異なる場合や革の性質上シワやキズがある場合がございます。これは不良品ではなく商品の特性上のものとなります。※入荷時期によりマイナーチェンジの可能性がございます。※ご覧頂くWEB環境によりまして、色の見え方や色彩が実物と異なる可能性がございます。予めご了承くださいませ。

George Cox(ジョージコックス)
正規取扱店



George Cox (ジョージコックス)

ジョージコックス社は、1906年、創業者ジョージ・ジェイムス・コックスによってイギリスノーザンプトンに設立されました。
今から100年も前の話です。ノーザンプトンは、イギリス靴産業の中心地で、ジョージコックス社も又、この地で高い評価を受け
その後1949年、長男であったジョージ・ハミルトン・コックスが、創業者ジョージ・ジェイムス・コックスの遺志を継ぎ、社長に就任します。

1972年に入ると、ヴィヴィアン・ウエストウッドがレット・イット・ロックと云う当時の若者向けのショップを、キングス・ロードにオープンさせ、ジョージコックス社製のラバーソールの販売を始めます。 その後、セックス・ピストルズやクラッシュ等、数々のロックバンドのメンバーに支持され、80年代のロカビリーブームの時も、やはり若者の足元を飾っていたのはジョージコックス社製の靴でした。

ジョージコックス社では、1973年〜1995年の間、ドクターマーチンソールを使用したモデルを生産するなど常に時代の最先端を先取りし、個性的な靴を作り続けていながら、尚かつ靴作りの基本を見失わない。又決して、大量生産を望まないと云う企業姿勢を守り続けています。創業より100年を越える今日に於いても尚、個性やオリジナリティを大切にしようとする若者に、指示され続けている理由がそこにあるのです。

この精神は3代目の社長であるノーマン・ウォーターフィールドから、4代目のアダム・ウォーターフィールドへと、現代に至るまで脈々と引き継がれているのです。 そしてこの精神が靴に込められてるからこそ、ジョージコックス社製の靴が、その次代の若者の心を魅了して止まないのです。









平日14時まで即日出荷可。正規取扱店BOOTSMAN(ブーツマン)