icf_ao_2019_malaysia_logo_transparent.large.white

持続可能なキャンプ –自然体験文化を未来のリーダーへ

概要

アジアの南端に位置し、世界各地から空、海、陸を伝い簡単にアクセスができます。
45を超える航空会社が就航しており、マレーシアを代表するマレーシア航空も6大陸36地域に飛んでいます。

エア・アジア、ファイヤーフライ、マリンドなど、国内、国際線含めLCCも充実しています。

空から

空から

マレーシアへの主な入口となるのは、クアラルンプール市内から約50km南に位置したクアラルンプール国際空港(KLIA)とクアラルンプール国際空港2(KLIA2)がです。そのほかクアラルンプール市内から西に約16kmのところにスバン空港があります。

そして各島嶼部に、 ランカウィ国際空港, ペナン国際空港, クチン国際空港、 コタキナバル国際空港があります。
サバ州、サワラク州、ラブアンの各地域を含む国内には合計14の国内線用の空港があります。
.

クアラルンプールからの所要時間

シンガポール

2時間10分

バンコク

2時間10分

ジャカルタ

2時間

クアラルンプール国際空港( KLIA & KLIA2)からクアラルンプール市内へのアクセス

KLIAエクスプレスの利用で、28分で空港からクアラルンプールにアクセスできます。
その他、レンタカー、バス、タクシーなどが利用できます。
詳しい情報は、
・空港WEBサイト
www.klia.com.my
・KILAエクスプレスWEBサイトwww.kliaekspres.com
をご覧ください。

海から

マレー半島と東マレーシアは海路で簡単に行き来することができます。
Klang港は、クアラルンプールの西約35kmに位置する、国内最大級の港です。アジア、太平洋地域からのクルーズ船のターミナルとなっています。優れた停泊所に加え、輸送ターミナルや貨物ターミナルも設置されています。その他の主な港は、ペナン島およびランカウィ島、半島北部、南へと向かうジョホール、東海岸のクアンタン、サバのコータキナバルにあります。

FerryLinkが、シンガポールのチャンギ・ポイントから半島の南海岸にあるタンジュン・ブルンコールを結ぶフェリーを運行しています。タンジュン・ブルンコールは、人気のビーチリゾート、デサルへの玄関口となっています。ご予約は、02-545 3600 (チャンギ・ポイント) または 07-252 7408 (ジョホール、バンダール・ペナワール)までご連絡ください。

陸路で

陸続きのタイからブキット・カユ・ヒタム(アロースターの48km北側の町)を経由して入国することができます。その後ブキット・カユ・ヒタムからクアラルンプールまでは、ノースサウス鉄道で約500kmの道のりです。

詳しくは、ウェブサイトをご確認ください。 www.ktmb.com.my .

また、マレーシアの最北端のペリスのパダン・ベサール(Patang Besar)には、同じくタイのバンコクからの列車が毎日運行しています。

その他、マレーシア鉄道が、バターワースからタイのハディーダイへ、パダン・ベサールからシンガポールへの(クアラルンプール経由)それぞれ国際列車を運行しています。 そして、ラグジュアリーなイースタンオリエント急行がバンコクからクアラルンプールを経由してシンガポールへ運航されています。各地の豊かな文化に触れることのできる2000kmを超える2日間の半島の旅を楽しむことができます。

詳しくは、ウェブサイトをご確認ください。 www.orient-express.com .

シンガポールから入国する場合には、ジョホールバルが主な入国地点となります。ノース・サウス・エクスプレスウェイが、ジョホールバルから、220km北部のクアラルンプールまでをつないでいます。鉄道と舗装道路が、ジョホールバルからシンガポールまで走っています。入国審査および税関チェックポイントは、舗装道路への入り口地点に設置されています。二番目の橋が、ジョホールバルから30km南西部に位置するタンジュン・クパンと、シンガポールのトゥアスを結んでいます。

クアラルンプールからの所要時間

シンガポール

6時間

バンコク

18時間

引用:MyCEB (Tourism Malaysia)

持続可能なキャンプ –自然体験文化を未来のリーダーへ

推薦者

主催者

フォローする

Malaysian Tropical Environment Adventure & Fellowship Society, MyLEAF

18B, Jalan Cempaka 15, Taman Cempaka, 68000 Ampang, Selangor Darul Ehsan, MALAYSIA.