2019-11-28

がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発 (No.1959)

■ 執筆者(敬称略)

千葉西総合病院岡元るみ子
新潟大学内山美枝子
JCHO 京都鞍馬口医療センター竹村佳純
京都府立医科大学附属病院仲和子
京都府立医科大学附属病院岡垣雅美
久留米大学病院下津浦康隆
久留米大学病院深堀理
リハビリ推進センター(株)小暮英輔
福岡大学病院田中俊裕
新潟大学医歯学総合病院勝良剛詞
福島県立医科大学東光久
神奈川歯科大学大学院岩渕博史
イムスグループ新戸塚病院中尾健太郎
富山大学附属病院竹本朋代
群馬大学神田清子
群馬大学京田亜由美
高崎健康福祉大学藤本桂子
東京慈恵会医科大学望月留加
新潟県立看護大学石田和子
東京慈恵会医科大学延山嘉眞
東京都立多摩総合医療センター西口旬子
関西医科大学附属病院佐竹悠良
東邦大学医学部中村陽一
信州大学道面尚久
札幌医科大学 医学部小林皇
聖マリアンナ医科大学高江正道
聖マリアンナ医科大学中村健太郎
聖マリアンナ医科大学遠藤拓
聖マリアンナ医科大学鈴木直
静岡県立静岡がんセンター濱内諭
千葉県がんセンター長谷川祐三
千葉県がんセンター井内俊彦
千葉県がんセンター瀬戸口大毅
千葉県がんセンター堺田司
東京医療保健大学小野孝二
がん研有明病院角美奈子
名古屋市立大学大学院永井愛子
名古屋市立大学大学院芝本雄太
佐賀大学島津倫太郎
佐賀大学倉富勇一郎
がん研有明病院利安隆史
川崎医科大学宇野雅子
昭和大学医学部加賀美芳和
国立国際医療研究センター病院中山秀次
愛知県がんセンター中央病院古平毅
東北医科薬科大学小山周樹
東北大学松下晴雄
佐々木研究所附属杏雲堂病院土器屋卓志
昭和大学病院樋口比登実
静岡県立静岡がんセンター佐藤哲観
獨協医科大学 医学部濱口眞輔
淀川キリスト教病院池永昌之
京都府立医科大学黒星晴夫
京都府立医科大学波多野貴彦
丸太町病院細川豊史
岐阜市民病院大澤友裕
岐阜市民病院高橋健
草加市立病院吉永敦史
草加市立病院鎌田成芳
岡崎市民病院鈴木大介
西尾市民病院宮本拓人
国立がん研究センター東病院藤澤孝夫
国立がん研究センター東病院岡野晋
愛知医科大学安藤孝人
名古屋医療センター宮田泰彦
石川記念会HITO病院小坂泰二郎
南病院長谷山美仁
大阪市立大学大学院金田裕靖
がん・感染症センター都立駒込病院永井幸司郎
がん・感染症センター都立駒込病院吉野公二
昭和大学和田聡
神奈川県立がんセンター笹田哲朗
岡山大学二宮崇
京都府立医科大学太田庸介
京都府立医科大学鈴木孝禎
国立病院機構名古屋医療センター小暮啓人
山口大学安達圭志
立命館大学下妻晃二郎
ラクオリア創薬(株)嶋田薫
田無病院丸山道生
大妻女子大学川口美喜子
県立広島病院小原弘之
静岡県立静岡がんセンター稲野利美
南大阪病院瀧井麻美子
南大阪病院竹村雅至
三重大学医学部附属病院三澤雅子









◎ 緩和ケアに今求められている、正しい病態評価や症状マネジメントのポイントとは?

  生命予後のみならずQOLが重視される時代、臨床現場での正しい対処法や薬物使用、および今後求められる薬物像とは